アジアン出張

アジアン出張とは、デリヘル店の中で遊べるデリヘル嬢が日本人ではなく外国人のお店で、その中でもアジア系の女の子を専門にしているデリヘルをまとめてアジアン出張と呼んでいます。アジアン出張のお店には、韓国人専門の韓国デリヘルや中国・台湾人専門の中国デリヘルが中心ですが、東南アジア(タイ・ベトナム・フィリピン・インドネシア)の女の子が専門のお店もあります。

韓国デリヘル

アジアン出張の中でも特にお店が多いのが韓国デリヘルです。韓国デリヘルは全国各地にお店があり、20代の若くてカワイイ素人っぽい娘やスタイル抜群のモデルっぽい娘と遊べるので人気があります。働く女の子は在日韓国人が多いですが、韓国から出稼ぎで働きに日本に来ている女の子もたくさんいます。学生ビザや観光ビザで働いている女の子も多く就労ビザをちゃんと取得して働いているデリヘル嬢はあまり多くありません。

短期間だけでもデリヘル嬢として働くことで、本国の韓国で働くより多くのお給料を稼ぐことができるため、韓国デリヘルで働きたいと考える女の子が多くいるようです。そのため、日本語がほとんど話せない状態や日本の文化に慣れていない状態でデリヘル嬢として働くためトラブルになることも多くあります。さらに韓国デリヘルで働いてもお店側へのバックが多く頑張ってもあまり稼げないというお店もあることから韓国デリヘルで働く女の子たちにもいろいろ悩みがあるようです。

中国デリヘル

中国人専門のデリヘル店は韓国デリヘルと比べるとあまり多くありませんが、エステやマッサージ店だと中国系の女の子が働いているお店はたくさんあります。最近は減少傾向にありますが、無許可で営業しているデリヘルだと中国人の女の子が派遣されてくるお店がたくさんありました。今でもお店の写真だと日本人だけど実際に派遣されてくる女の子は中国人という悪質なお店もまだまだ多いようです。そのためデリヘル店の中には「日本人女性専門」と書いてあるお店のホームページをよく見かけます。